「私服でお越しください」には意味がある!

「面接には私服でお越しください」と連絡を受ける就活生の方は多いのではないでしょうか?多くの人は「え?私服でいいの?トラップじゃないの?」と思うかもしれません。

本当はスーツで行ったほうがいいのではないか、どんな服装で行くべきなのか、就活生の悩みの種は尽きません…

 

企業側の考えは?

企業側が私服で来るように言うのには理由があります。

 

〇TPOへの配慮ができているか

私服で来てもいいといっても、ジーパンにTシャツ、パーカーはさすがに非常識ですよね。会社に行く時にふさわしい服装ができているか、TPOに配慮できているかどうかが問われます。

〇社風に合うか

私服から就活生の性格や人柄を見ているという企業もあります。服装にはその人の性格や人柄が表れます。私服を見ることで、社風に合うかの判断をする場合があります。

〇個性・センス

特にアパレル業界や、クリエイティブな職種の場合に多いですが、就活生の個性やセンスを評価する目的があります。

〇就活生への思いやり

面接時に少しでもリラックスしてほしい、夏の暑い時期にスーツを着るのは大変だ。という企業側から就活生への思いやりによって私服指定、私服可能になっている場合があります。

 

判断基準に使う場合と思いやりの場合がありますが、企業側からの指示には従った方が良いでしょう。

 

どんな服装で行くべき?

私服で行くときは『オフィスカジュアル』『ビジネスカジュアル』を心がけるようにしましょう。スーツスタイルとまではいかなくても、会社で働くときに適した服装になっています。

男女別で取り入れてOKなアイテム、NGなアイテムをまとめました。

男性

・アウター

カーディガンやジャケットが無難です。パーカーやスポーティーな物は避けましょう。

・トップス

シャツやポロシャツなどの襟付きの服が無難です。TシャツでもOKな企業もありますが、判断が難しいため、避けたほうが良いでしょう。

・ボトムス

スラックスやチノパンがおすすめです。夏の暑い時期でも短パンはNGです。肌が露出してしまう丈のものは避けましょう。

・靴

革靴や清潔感のあるスニーカーを選びましょう。サンダルはもちろんNGです。

 

女性

・アウター

ブラウスなどの上に着る上着は、ジャケットがオススメです。また、カーディガンなども良いでしょう。男性同様パーカーやスポーティーな物は避けましょう。

・トップス

ブラウスやワイシャツが無難ですが、ポロシャツなど、襟がついている物もよいでしょう。カットソーを着る場合は襟元が大きく開きすぎないように気を付けましょう。

・ボトムス

スカートの場合は丈に気を付けましょう。理想は膝丈で、下にはストッキングを履くようにしましょう。

パンツの場合はデニムやカーゴパンツを避け、スラックスやチノパン等の長いものを選ぶようにしましょう。

・靴

パンプスやローファーなどの革靴が無難です。サンダルや、カジュアルすぎるスニーカーは避けましょう。

 

まとめ

面接では、見た目の印象がまず大切です。

面接で良いスタートを切れるようにも服装は重要な要素です。

より良い印象を与えるためにも、服装に気を付けるようにしましょう!

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!