自己分析の重要性

就職活動を行うにあたって必ず耳にするワードがあります。それは「自己分析」です。

大学や企業説明会、就職に関する説明会では必ず「自己分析をしましょう。」と言われます。

なぜそんなに「自己分析をしましょう。」と言われるのか、今回は就職活動において、自己分析の重要性についてご紹介します。

自己分析の目的

これまで、勉強したい分野、進学先、アルバイトや部活、多くの選択をしてきたと思います。

その選択には、自分なりの思いやこだわりがあったり、なんとなく直感で選択したりと様々な人がいると思います。

直感で、と思っていても、その選択の裏には、何らかの理由があり、その選択をしたのではないでしょうか。

そして、仕事選びや会社選びも人生の選択の1つです。自分のうちに秘めた価値観や考えを自分で把握し、理解することで自分に合った会社を選ぶことができます。

また、その価値観や考えが面接で聞かれることの多い、「仕事選びの軸・価値観」につながるのです。

いわゆる自己分析とは自分に合う仕事は何か、自分は何をやりたいのかを知ることが目的です。

それを知ることで面接では本心を話すだけになるので面接対策にもなります。

以上が自己分析をする目的です。

自己分析のやり方

まず最初にやってほしいことは、生まれてから現在までの振り返り、頑張ったこと、嬉しかったこと、悲しかったことなどの記憶に残ったエピソードを書きます。

振り返る理由は、自分の決定における思考の共通点を知るためです。

「自分はこういうことが起きると嬉しいのか」「こういうことが起きると悲しいのか」などを紙に書くことで共通点を認識できます。

その共通点を見つけるために行います。「自分はこういうことが起きると嬉しいのか」「こういうことが起きると悲しいのか」など紙に書くことで共通点を認識できます。

それらの感情が出る共通点が仕事選びにつながっていきます。

次にエピソードを書いて共通点を見つけて終わるのではなく、そこから「なぜ、嬉しかったのか」「なぜ、悲しかったのか」深堀りしましょう。

これを行うことで「この時こういうことがあったからがんばれたな」「あれができなかったから悔しかったな」などが客観的に理解でき、強く感情が出る時の過程を知ることができます。

また、エピソードを深堀りすることで面接の時思わぬ質問の深堀りにあっても応えられるようになります。

普段から、自分の経験を分析し、言語化する練習を行って行くことで、あなた自身が何を大事にしていて、何に価値を感じているのかが把握することが出来ます。

自分の価値観がみえれば自ずと行きたい企業も見つかってくるでしょう。

自己分析を就職活動に活かそう

上記で話していたとおり自己分析のメリットは自分は何がしたいのか、自分にはどんなことが向いているのかを知ることができます。

それらを知ることで企業選びも楽に見つかります。価値観を知ることで自分と近い価値観を持った企業を選考すると内定をもらえる可能性も上がります。

価値観が企業側とずれていると仕事の進め方や取り組みの姿勢に違いが生じてしまい早期退職につながるため、企業側は同じ価値観を持った人を採用したいのです。

また、面接では自分に関する質問がほとんどです。

「あなたの強みは?」「あなたはどういう人間ですか?」などの質問が多いですが自己分析をしていれば難なく応えることができるのです。

自己分析をすることでスムーズに就職活動を行えます。

まとめ

今回は就職活動するにあったて自己分析の重要性について紹介しました。

自己分析は自分を知る事ができる良い機会です。自分を知ることは必ずあなたの強みになります。

面接で何を聞かれても自信を持って応えられるくらい自分を知れるように分析しましょう。

今後の就職活動に自己分析を活かしてみてください!

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!