大手企業に就職するのは正解なの?

就職活動をするにあたって会社の規模感を重視する方は多いと思います。

「大手企業に内定をもらいたい」「大手企業に就職すると将来安定」など就職活動において

考える学生が多いのではないでしょうか。

しかし、大手企業に就職することが本当に自分の将来のためになるのでしょうか。

大手企業の他にも自分の選択肢があることを確認していきましょう。

会社の規模感を知ろう

中小企業庁によると、

大企業(中小企業を超える企業。また、資本金3億円超えの事業者など。)

中小企業(資本金3億円以下、従業員数が300人以下)

ベンチャー企業(企業として新規事業、サービスを展開していること。成長過程にある企業)

大手企業のメリット・デメリット

▼メリット

・福利厚生の充実

・会社の信用性高い

・安定性

・業務がすべてマニュアル化

・給料の安定性

▼デメリット

・全国転勤が多い

・昇進がなかなかできない

・業務内容が一定

・自分自身の意見が通りにくい

・挑戦できる環境がなかなかない

自分にあっている会社は、大手企業?それとも中小企業、ベンチャー企業?

大手企業にあっている人

・作業の繰り返しが得意な人

・指示されたことを素直に受け入れられる人

・協調性があり、団体行動が得意な人

中小企業、ベンチャー企業にあっている人

・強い意志を持っていいる人

・挑戦意欲がある人

・個人で作業を行うことが好きな人

・将来的に自分自身で起業したり、新規事業を立ち上げたいと思っている人

このように、大手企業と中小企業、ベンチャー企業では自分がやりたいことによって向き不向きがあります。

大手企業に入り、何千人のうちの一人か、または中小企業、ベンチャー企業で何百人、何十人のうちの一人になるかでも業務内容は大きく変わっていきます。

自分がどんな事やっていきたいか、また自分はどんな性格か今一度確認しましょう。

まとめ

上記で上げたように、大手企業は多くのメリット、デメリットがあります。

大手企業だけでなく、中小企業、ベンチャー企業にも同じようにメリット、デメリットが存在します。

就職活動をする際は、名前の知っている有名企業だからといって会社選びをするのではなく、

自分が会社に入って、どんなことをしていきたいのか、どんな環境なら自分自身が成長できるのかを考える必要があります。

また、会社の規模感だけでなく、変化が大きい世の中で気になる会社の将来性があるのか、今後の事業展開なども把握しておきましょう。

就職活動は、内定がゴールではありません。内定が決まって、初めてスタートラインに立つことができるのです。

しっかり自分にあった会社選びをしていきましょう。

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!