4月の今からやるべきこと

3月に企業エントリーが始まるという言葉をよく耳にしませんか?3月から約1カ月が経過しましたが、就活生は4月からどういったことをすればいいのでしょうか。また、4月から就活を始める場合は、間に合うのか?と疑問を抱く方もいるかと思います。
今回は4月からやるべきことについて紹介していきます。

4月に就活生がやるべきこととは

4月の時点で就活生がやるべきこととは、会社説明会に参加することです。一般的には3月からエントリーが開始されますが、多くの場合はエントリーを行った後に会社説明会などに参加して選考を受けるのが多くの企業における就活の流れではないでしょうか。そのため4月の時点で会社説明会に参加するべきでしょう。
3月に参加できなかった企業などの会社説明会には自ら進んで参加しましょう。しかし3月中には多くの就活生が気になる企業へと足を運び、会社説明会に参加しているでしょう。そのため4月から会社説明会に参加すると、少し出遅れた状態になってしまいます。そのため本来の理想としては3月中に参加することが大切です。
4月の時点で全くエントリーできないというわけではなく、4月の今でもエントリーを行うことはできます。経団連に所属している企業であれば、多くの場合6月から選考活動を行っているため、まだ間に合いますよ。
就活生の中で、3月中に会社説明会に参加できなくて4月の時点で大量に予定を詰め込みすぎるのはやめましょう。遅れを取り戻したいという気持ちがあるのはわかりますが、予定を詰め込みすぎると万が一のことがあったときに、企業へ負担をかけてしまうことも…。そういった面を理解して、予定を詰め込みすぎるのはやめましょう。
また、周囲の人と比べて焦りを感じて、4月にむやみやたらにエントリーを行う就活生がいますが、それでは逆に失敗へとつながることがあります。まずは自分がどういった企業に就きたいのかを明確にしてからにしましょう。

就活を早く始めるメリット・デメリット

就活を早く始めることで内定を早く獲得することにつながります。多くの企業ではなるべく早い段階で優秀な学生を採用しています。そのため選考が早い方が内定を獲得しやすいでしょう。
デメリットとしては、内定を獲得した企業が他の企業の選考を待ってくれないということがあり、就活がその企業だけで終わってしまうことがあります。経団連に所属している企業であれば4月の時点で内定を獲得していると、6月からの選考が始まるまで待ってくれないことがあり、就活生は早く内定が出た企業に就職することになってしまいます。
本当に希望する企業であれば構いませんが、そうではない場合は悔いが残ってしまうので、企業側と相談するといいでしょう。

まとめ

4月からスタートすることはまだ決して失敗ではありません。しかし出遅れたからといって焦ってむやみやたらにエントリーを行うのはやめましょう。自分が本当につきたい職は何かを考えて行動することが大切です。

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!