就職活動での「軸」を的確に伝えるためには?

就活を成功させるためには、どういったことが必要でしょうか。その問いに対して重要なのが就活での「軸」が重要になってきます。そもそも就活の軸とは一体どういうもので、どうやって見つけたらいいのか、あまりわかっていない人も多いかと思います。
今回は就活の軸の見つけ方・伝え方について紹介します。

就活の軸とはそもそもどういうもの?

就活の軸とは「志望する業界や企業を選択するにあたって、最も重要視する基準」を指します。中には面接の最中に聞かれることもあるのだとか。「軸」を持って就活を進めることで、企業側に自分の熱意や強みを伝えやすくなり、入社後の働く姿が明確になるというメリットがあります。そのため、なるべく早い段階から就活の軸を見つけておくといいかと思います。

企業側が就活の軸を聞くその理由とは

〇ミスマッチを防ぐため
就活の軸を持っていないと、会社と合っていない学生が入社した際に、その学生が早い段階で退職してしまう可能性が高いのです。そのため、面接などの段階で就活の軸を聞くことで企業側の社風と合っているかを判断しています。

〇判断材料
どの企業も仕事に対して熱心で熱い想いを持っている学生に入社してほしいと思っています。そのため就活の軸を持っていないと、就活自体がうまくいかない場合があります。

自分なりの就活の軸を決める方法

就活の軸を決めるために、以下のことを重視してみてください。

〇自分ができることを書き出す
就活にするにあたり、まず誰もが考えることは「自分は何ができるのか」ではないでしょうか。まずは、自分の能力や持っている技術でどういった仕事ができるのかを書き出してみましょう。

〇今後のビジョン
自分が社会人になったらどういうことをしたいのか、将来を見据えた内容も書き出してみるといいですね。今後のビジョンを考えて書き出すことで仕事に取り組む姿勢を伝えることができるでしょう。

的確に就活の軸を伝えたい!

〇単刀直入に
ESや面接でも、相手に伝わりやすいように結論から話すようにしましょう。単刀直入に話すことで相手にもどういった内容を伝えたいのかが的確に伝わるでしょう。

〇どこでも通じる軸は避ける
就活の軸としてよくあるのが「成長できるから」などといったものが挙げられることがありますが、それは考えてみるとどの仕事でも言えることですよね。そのため、なぜその企業を選んだのか、その企業でなくてはいけない軸を話すようにするとプラスの印象を与えることができるかと思います。

〇消費者目線はNG
就活の軸の中で上記以外にも「製品が好きだから」「大手有名企業だから」などと話す人がいますが、そういった軸では評価されにくいです。消費者目線の軸ではなく、自分のやりたいことに基づいた軸を伝えるようにしましょう。

まとめ

よく面接で聞かれる就活の軸。就活の軸は早い段階から決めておくようにしましょう。そして的確に伝えるために、自分なりの軸をしっかりと見つけましょう!

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!