個別面接を突破しよう!対策法は?

こんにちは!
皆さんの中で、個別面接をしたことがあるといった方は多いのではないでしょうか。集団面接に限らず個別面接でもそれぞれにあった対策をしなくてはいけません。
そこで個別面接の気を付けなければいけない点について解説していきます。

個別面接とは

就職活動においての面接の形式のうち、受験者が単独で面接を行うことを言います。
個別面接にはある特徴があります。
〇細かいところまでチェックされる
 個別面接では、態度や話し方などといった細かい部分までチェックされます。面接官からの質問にハキハキと明るい表情で返答することで好印象を与えることが出来ます。
自分が話していないときの態度にも注意しましょう。適度に相槌を打ったり返事をすると良いでしょう。

〇質問の数が多い
 集団面接と違って一人に与えられた時間は長いため、質問の数も多くなってきます。面接官からどのような質問をされるかわからないため、出来るだけ多くの質問対策を行っておく必要があります。極力暗記はしないようにしましょう。暗記をすると、逆に緊張してしまい何も答えられなくなってしまいます。

個別面接を突破するには?

〇話す内容に一貫性を持たせる
 話す内容に一貫性を持たせることが大切です。アピールしたいテーマを一つ決めておいて、面接全体で一貫した内容を伝えることが大切です。そうすることで印象深くなるでしょう。

〇緊張しすぎないこと
 緊張しすぎると表情がぎこちなくなったり声が小さくなってしまいますよね。そうならないように、出来るだけ緊張をほぐして本番に臨むことが大切です。事前に深呼吸をしたり、話す練習をしたり発声練習をしたりするといいかもしれません。

〇自信をもって話す
 面接に自信がない人や緊張する人は、下を向いたり猫背気味になってしまいます。こういった態度をとってしまうと、果たして面接官はどう思うでしょうか。マイナスな印象を与えてしまいますよね。面接の間は背筋を伸ばして堂々と話をしましょう。
自分の発言を正々堂々と述べる就活生は、高い評価を得られます。小さい声で話すのではなく、自分の意思をしっかりと正々堂々と伝えるようにしましょう。

よく聞かれる質問は?

・志望動機
・長所短所
・学生時代頑張ったこと
・今後どうなりたいか
・自己PR
などです。

まとめ

個別面接についての対策法について解説しました。
面接官に何を伝えたいかを簡潔に、正々堂々と話をしましょう!頑張ってください!

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!