会社説明会の基本を知ろう!

会社説明会はどんなものなのかよくわからない人が多いのではないでしょうか。簡単に言うと企業が学生に対して、自社の事業内容や働き方、仕事内容などを説明する場所です。
しかし、会社説明会を企業が学生に事業内容や働き方を説明する場所だと思っていると、失敗する危険性があります。
就活をするなら絶対に押さえておくべき基本を説明します。

会社説明会に参加しないと選考に進めない!?

会社も建前としては参考に関係はありませんとしているところが多いですが、実は会社説明会への参加が、採用選考参加への必須条件となっている企業は少なくないのです。
説明会に行った学生にだけエントリーシートを配ったり、説明会でグループワーク形式の選考が行われたりと、説明会が選考の最初のステップと考えている企業が数多くあります。ただ説明を聞くだけと思い会社説明会に参加しないと、選考にすら参加できなくなる可能性が出てきます。
もちろん、説明会に参加しなくても選考で不利にならない企業も多々あり、説明会の参加が困難な大手の人気企業は、説明会に参加しなくても不利になることはありません。
説明会に参加できなかったとしても、諦めずにエントリーシートを出しましょう。

選考の場所は?

説明会を選考参加の条件としている会社の他にも、説明会で学生を選別している会社もあります。説明会直後のグループワークでよい働きをした学生をチェックしていたり、良い質問をする学生をチェックしていたりするケースもあるのです。
説明を聞く場だけではなく、選考の場所であるということを肝に銘じ自分自身をアピールしましょう。
特に企業への質問は会社への関心や自分の能力をアピールできるチャンスなので、しっかり予習し、良い質問を考えましょう。

無断欠席は即アウト?

無断で欠席した場合、大企業ならばそれだけでアウトにはならないことがあります。数百人が参加するような大規模な説明会の場合は、無断欠席者が数十人規模で出るからです。会社によってはチェックされている場合もありますが、多すぎていちいち名前を覚えてられませんよね。このような理由から可能性が残されています。
しかし、小・中規模な会社説明会の場合、無断欠席者は数人のはずです。欠席者は人事の印象に残り、チェックをされます。無断欠席は気にしないという人事担当者は少数なので、即アウトに近いと考えてください。また、即アウトなのは、無断欠席をした会社だけなので、他の会社の選考に影響する心配はありません。

まとめ

今回は会社説明会の基本について説明してきました。自分が気になっている会社の説明会に参加して悪いことは一つもないことがわかりました。自分自身内定をもらいたい会社の説明会にはどんどん参加しましょう。

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!