離職率は他人の価値観の集合体

こんにちは。天職コンサルタントの梅田幸子です。

長く楽しく働き続けたいと思ったとき、「離職率」は気になる数字になるのではないでしょうか。

ただ、一般的に人気のある企業や、働きやすいといわれる会社が、あなたにとって良い会社かどうかは未知数です。

もし、キツイとかブラック企業などと噂されていても、あなたにとってはすばらしい会社かもしれません。

しっかりと自分の基準で見極める必要があります。

あえて選んだ噂の会社

今日は少し、わたしの話をさせてください。

私は、新卒で離職率が高くてキツイと言われていた会社に入りました。

実際には、入社3年内の離職率が30%と平均的な離職率でしたが、労働時間の長さや、地域によって離職率に差があったことが、噂の発端のようです。

他に内定した企業の中には、離職者が少なく、女性に優しいと評判の会社もありました。しかし、私はこちらの会社を選んだのです。

その会社での学びや経験はとても意義深く、今の仕事にも大きくつながっています。
 
働けたことに、当時も今も、心から感謝しています。

私にとっては、「良い選択」でした。

しかし同僚の中には、「嫌で辞めた人」「つらくてやめた人」もいます。

辞めたあと、転職して活躍している人もいるし、
辞めたことを後悔して、再び入社試験を受けて、戻った人もいます。

他にも、
留学した人、
ショップオーナー、
経営者、
公務員、
結婚して家庭に入った人……

退職後の選択も、幸せ度も、実にさまざまです。

お会いした人が、OB・OGだとわかることがあります。

そうすると思い出話になりますが、「ひどい会社だった」という人と、「良い会社だった」という人がいます。

数字や人の噂と、「自分にとっての良い会社」とは、必ずしも一致しないのです。

離職率とは

離職率、気になる人は、しっかり見てみましょう。

ただ、離職率とは「他人の価値観」が集まった数字であることも忘れないで、自分の基準でチェックすることが大切です。

あなたにとって、良い会社に巡り合えることを、心から願っています。

———————————————————————
■梅田 幸子(うめだ さちこ)
天職コンサルタント/有限会社グローカル取締役
 
“就職後の幸せ”を基準に天職を見つけるための就職支援は、4,000名以上の面接、数万枚のESを評価してきた面接官の視点からのアドバイスに定評がある。採用面接官向けに面接を教える講師でもある。著書『あなたが「一番輝く」仕事がわかる最強の自己分析』他5冊。
 
====================================

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!