「社風」を見るポイントについて

みなさんは会社を選ぶ際、何を基準で選んでいますか?多くの人は、やりがいや給料、有給などと思い浮かべるかと思います。確かにそれも大事ですが、それ以外にも大事なことがあります。それは「社風」です。どんなにやりがいがあっても、社風が合わないと仕事が嫌になる可能性だってあります。しかし社風を大事にすることで、毎日楽しく過ごすことができるかもしれません。
そこで社風を見るポイントについて紹介していきます。

なぜ社風が重要か

〇社風=仕事のしやすさ
社風は仕事のしやすさに直結しています。社風が合うか合わないかでは働きやすさはかなり変わってきます。社風が合っていないと辞めたいと思う人が増えるのだとか。そうならないために、きちんと希望する会社の社風を理解し、会社を選ばなくてはいけないのです。

〇社風=価値観・雰囲気
社風とは会社の価値観と雰囲気です。社風を理解することで、会社が何を一番に大事にしているのかがわかりやすくなります。

良い社風って?

良い社風といっても正直それは個人の価値観次第で全く変わってきます。一番大切なのは、自分に合うか合わないかということなのです。
また、価値観が合うかも大切ですよ。会社の人全員が同じ考えということはあり得ませんよね。十人十色なのです。

社風がわかるには

〇インターンシップ参加
短期・長期のインターンシップがありますよね。そこで長期のインターンシップなら実際に仕事をしながら社風を直に知ることができます。短期でも雰囲気などは掴めると思います。

〇OB・OG訪問
人事担当者に聞くのもいいのですが、深く細かいところまで掘り下げて聞くのは厳しいですよね。そこで、OB・OG訪問を有効に使いましょう。サークルやゼミの先輩に聞いてもいいですし、会社に直接聞くのも一つの手です。

志望動機に社風と書く場合の注意点

〇具体的に書く
ただ大雑把に「自分に合うと感じた」などと書くだけでは説得力に欠けてしまいます。なぜそう感じたのか具体的な理由があるといいでしょう。

〇事実確認
自分自身の勝手なイメージで、社風という意味を捉えて理解してしまうと、マイナス評価になる可能性が高いです。OB訪問などで社風についてリサーチしておくといいと思います。実際に働いたことのない未知の世界の会社について書くということはリスクが伴うということを覚えておきましょう。

まとめ

今回は社風について紹介しました。
会社を選ぶ際には給料も大事ですが、社風も大事かと思います。OB・OG訪問などで希望している会社の社風について知るのも大切です。頑張ってください。

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!