最近気になったニュースを教えてください、と言われたら…

選考が進み、面接を受ける機会が多くなってきたのではないのでしょうか。
「自己紹介をしてください」「なぜ数ある企業からうちを志望したのですか?」などといったお決まりの質問は皆さんも経験していると思います。
その中で「最近気になったニュースを教えてください」と聞かれたことがある人は少なくないのではないでしょうか。
そこで今回は、企業がどんな意図で聞いているのか、また、どんなことを答えればいいのかをご紹介したいと思います。

1、企業が聞いてくるのはなぜ?

なぜ、企業がこのような質問をしてくるのかというと、それは応募者のあなたの情報の感度、価値観を知るためです。
世の中や業界の動きに関心を持っているか、そのような情報収集をしているのかを見ています。
また、それらで得た情報をただ持っているだけというのはほかの学生さんでもできますよね。
さらに、世の中や企業の動きだけでなく、うちの会社と合っているか?といった価値観を見ているところもあります。

2、ではどのように答えればいいの?

そこから今後どうなっていくかなど、自分なりの考えを持っていれば企業からの印象は良いでしょう。
この子は物事に関してただ情報を得るだけではなく、さらにのめり込む熱心な学生さんだな、と思われますし、加えてその考え方から企業との価値観を判断することができます。
考えを言えない、持っていない学生さんはその時点で価値観の判断のしようがないので、企業としても求める人物像には当てはまりません。

3、質問に合わせて答え方を変えよう

「最近気になっているニュースはありますか?」と聞かれるだけでなく、先に「〇〇のニュースについてどう思いますか?」と聞かれるパターンもあります。
この場合、企業がチェックしているのが、主要なニュースを知っているか、というところと考え方・考える力を見ています。
聞かれた場合は、過激な答えとならないよう、結論→理由の順序で簡潔に答えるようにしましょう。

もしわからないニュースについて聞かれたら…

 もし、わからないニュースについて聞かれた場合は素直に「勉強不足でわかりません。今後勉強いたします。」と伝えるのが良いでしょう。
もちろん、回答できるのがベストですが、答えられない場合は素直になったほうが面接官に良い印象を与えます。
適当に答えてその場をしのぐようであれば、面接官の方からは「仕事も適当にやるんだろうな。」と思われてしまいますよ。

4、まとめ

これから面接を控えている方はぜひ参考にして面接に臨んでみてください。
最近のニュースを適当に言えばいいや、と思って参加するのと、しっかりと準備をして参加するのとでは面接官への印象が全く違います。
「~しとけばよかった…。」と後悔しないようにしっかりと準備をして臨んでくださいね!

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!