就活生必見!面接のマナー

「これから面接だけど面接に答えるにはどうしたらいいのだろう…」そう考えている方も多くはありません。事前にどんな質問があるか考えていたり、予想していたりすると思いますが、必ずしもその答えが出てくくるとは限りません。ですが質問を答えること以外にも好印象を与えるポイントがいくつか存在します。
今回は面接時のチェックポイントをご紹介します!

緊張を和らげ、必ず第一印象を良くしよう!

面接当日、まずは最初にやることは緊張をほぐすこと。緊張すると話したいことも話せなくなってしまうので注意です。深呼吸や軽いストレッチを行ってリラックスしましょう。リラックスできたら自分が入社後に活躍するイメージして、ワクワク感を持ちましょう!
そしてもちろん大事なのは入室したら笑顔で名前と「よろしくお願いします!」とはっきり言いましょう

面接は会話!よく聞いて答える

面接官にマイナスな印象を与える応募者の特徴の一つに、「人の話を聞かない」というのがあるそうです。すぐに答えようと焦って質問が終わる前に食い気味で答えてくる人や、質問とは違う答えが返ってくるケースが多いそうです。最後まで相手の話は聞き、質問の内容に沿って答えることを基本としましょう。

演技はNG!本音で素の自分で話そう

企業が面接をするのには種類だけでは判断ができない人間性や本音を知りたいという意図があります。なので極度に緊張されたり、いつもとは違う素振りをすると知りたいことが見えてこないというわけです。緊張は誰でもあり得ることですが、素で話すとはっきりと物事を話せるのではないでしょうか?

自分らしさと入社意欲をアピール!

まずは最初に履歴書の内容は覚えておくようにしましょう。面接官はこれを見て質問をするわけなので、事前に準備しておきましょう。そして面接官が知りたいのは、ビジョンやパーソナリティです。例として、

・自分の長所と短所
・10年後どうなっていたいか
・熱中している趣味はあるか
・希望していない部署の異動を命じられたらどうするか

などです。面接に備えてそれらに説得力を持たせるエピソードをまとめておきましょう。

最後に

いかがでしょうか?そして大事なのが「御社だからこそ入社したい」と言う事を貫きましょう。最終的には御社に入社したいという熱意が伝われば面接官の心を動かし採否のポイントになると思います。うまく就職したい企業に就けるように頑張って下さいね。

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!