就活で忙しいと感じてしまう…どうしたらいい?

就活が始まるとどうしてもバタバタしてしまいがちです。一日に何度も企業を訪問し、さらには立て込んでくるとさらに忙しい日々を送ることになると思います。今後就活を受ける方は、どう対処したらいいのか、どの時期が一番忙しいかなどと気になるのではないでしょうか。
そこで今回は就活の忙しい時期について紹介していきます。

なぜ忙しいと感じるの?

一番大きな理由を挙げるとすると、予定をギュウギュウに詰め込むからかもしれません。特に新卒の場合は、就活についての上手い進め方やコツについてわからない状態ですよね。そうなるとできるだけ予定は詰めたほうがいい、そう考えがちになってしまうのです。
中には予定を詰めていることで安心感を得られる反面、予定がない時間があると不安にさらされてしまうため、一日の予定の数が膨大な数になってしまうのです。自分の体力を超えてしまうと、体が悲鳴を上げ、忙しいと感じてしまうのです。

一番忙しい月はいつか

就活の期間の中で一番忙しいのは3月です。経団連は6月から就活の情報を解禁します。しかしそれよりも前に、募集要項などといった企業の情報を提供し始めるのは、3月という企業が多いのです。他にも、大規模な会社説明会があるのが3月なのも、忙しい理由の1つなのです。大手の就職支援を行っている企業が開催するということもあってか、情報量がかなり多いため、学生にとっては重要なイベントなのです。
新卒の場合では、4月からの学問も忙しくなり、講義なども行われるため特に忙しい時期なのです。
もしも、大手の企業に就職しない道を考えている場合は、4月や5月にも会社説明会を行っているので、その月に足を運び3月に集中する忙しさを紛らわすこともできます。6月も割かし忙しい時期になります。

一番忙しい曜日はいつか

特に忙しい曜日は月曜日になります。会社説明会などは土日祝日以外のときに定期的に行われることが多く、会社説明会などによる、曜日ごとの忙しさはあまり大きな差はありません。しかし選考の結果などの多くは休日、または月曜日に開示されることが多いです。そのため選考結果に対する返信があることで、書類の調達などが月曜日に集中してしまうのです。

就活が忙しい場合の対処法

もしも就活が本当に立て込んでいて忙しいなと感じた場合は、自分自身にそのスケジュールがあっているか確認してみましょう。
また、事前にその企業についてあらかじめ調べておいて、自分が本当にこの企業に就職したいのかをじっくり考えることで、少しは心に余裕が持てるかもしれません。
もしも、本当にその企業に就職したいと考えている場合は、少しでも空いた時間を作ることが重要です。その空いている時間で、きちんと仮眠を取り、ストレスを発散することで気分がまぎれると思いますよ。頑張ってください!

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!