印象が変わる?自然な眉の描き方

就活では、たくさんの社会人の方々と接する機会も増えますし、女性は特にメイクの仕方も気にしている方が多いのではないでしょうか。
以前はリップカラーについて取り上げましたが、今回は「就活メイク」としてはあまり意識していなかった「眉の描き方」をピックアップしてご紹介していきたいと思います。

「眉」で印象は大きく変わる!?

いつも何気なく描いている眉ですが、意外とメイクの中でも失敗できないパーツですよね。
眉が決まらないだけで、全体的にバランスの悪いメイクになってしまったという経験は誰にでもあるかと思います。
また、自眉がコンプレックスという方も少なくはありません。
このように眉は顔の印象を大きく左右しています。
最近では、美人は「眉のバランスが整っている」なんて言われるほど。
確かに、下がり眉だと自信がないように見えますし、太い眉は凛々しい印象を受けますよね?
このように、眉ひとつで表情や印象は大きく変わります。

まずは眉を整えよう

キレイに眉を描くためには、ベースが重要になります。
まずは、自眉の形を就活向きの真っ直ぐなシャープな形に整えましょう。
市販の眉用カミソリなどで余分な部分をこまめに剃るように心がけましょう。
また、せっかく上手に眉を描いても、ボサボサだと清潔感がなく見えてしまいますので、長さを均一にそろえて、コームで毛流れをそろえておくとさらにベストです!

アイブロウはどんなものを選ぶといいの?

自然な眉を描くといっても、アイブロウってかなり種類が多いので迷ってしまいますよね。
ペンシルやパウダーなど様々な種類がありますが、オススメするのは「ペンシルとパウダーが1本」になっているものです。
これなら、ペンシルで眉の輪郭をはっきりと描き、パウダーで少しぼかすことで主張が強すぎず、自然体の眉が描けます。
また、カラーは「ブラウン」や「ダークブラウン」といったナチュラルなものを選ぶと良いでしょう。
就活だからといって、黒を選ぶと眉が悪目立ちしてしまい、暗い印象になってしまうこともあるので髪や瞳に馴染みやすいブラウン系が良いです。
自分の髪色や目の色に合わせて、自然な色を探してみてくださいね。

自然な眉を描くコツ

 まずは、眉を描く位置に注意してみましょう。
・眉頭は目頭の延長線上に
・眉山が目尻の延長線上に
・眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上に
この3つを意識して眉を描いてみてください。
ちょうどよいバランスのいい自然な眉が描けますよ。

また、眉の太さにも注意して描きましょう。
眉毛が細すぎると、元気のない印象を持たれてしまうので、5㎜以上の太さで描くのが理想的です。

まとめ

就活メイクに適した眉の描き方についてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?
少しでも参考になれば幸いです。
自然で好印象な眉で、今後の就活も頑張ってくださいね!

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!