「最近の気になるニュース」と聞かれたら?

面接でよく聞かれるのが、「最近の気になるニュースは?」という質問です。実際どのようなニュースを選べばいいのか、どのような感想を言えばいいのか迷いますよね。
今回は、最近の気になるニュースと聞かれた時の答えるポイント、面接で聞かれる意図についてご紹介していきます。

面接で聞かれる意図とは?

面接では定番の「最近の気になるニュース」という質問。そもそも面接官はどのような意図で就活生に質問をするのでしょうか。

情報収集する習慣があるか

社会人になると、自分の業界や業務に関連するニュースを確認しておくことが必要になってきます。特に、自分の業界のことについて知っていないと、お客様とのコミュニケーションをとるのも難しくなっていきます。
こういった関連の情報を、きちんと情報収集できているか採用担当の方は見ています。情報収集は慣れていないと難しいですが、最近ではスマートフォンなどで新聞を読むこともできるので、移動時間など空いた時間にできそうですね。

自分の意見をしっかりと持っているか

ニュースをそのまま話すだけでは、理解しているとは判断されません。自分なりにニュースを考察する、今後の自分のことを考えられるかという部分は、情報収集をする上でとても重要になってきます。
それを理解した上で、自分はなぜそのニュースを選んだのか、そのニュースを読んでどのように思ったかをしっかりと、面接官に伝えることが重要になってきます。

答えるときのポイント

面接で聞かれる意図を知った上で、ポイントを把握しておくと面接官に好印象を与えることができるかもしれません。ここでは2つのポイントについてご紹介します。

話す構成を考える

まずは、話す構成を考えることが大切です。突然、内容から話してしまうと面接官にはなかなか伝わりにくく、ダラダラと長く話し続けてしまいます。
最初に結論を話し、その次に気になった理由を話した上で、最後に自分の意見を述べましょう。この流れを意識することで、面接官にしっかりと意図を伝えることができます。

その企業や業界についてのニュースを話す

面接に答えるときに、志望する業界や業務に関係するニュースについて答えるのが良いでしょう。そうすることで、目指す業界などに関心があると面接官に好印象を与えることができます。

まとめ

今回は「最近の気になるニュース」と聞かれた時の面接官の意図や、答える時のポイントについてご紹介してきました。
どのような意見を言えばいいのかわからないと悩んでいる方も、まずはニュースを見る、新聞を読むなどを「習慣」にしてみてはいかがでしょうか。

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!