内定承諾書とは?返送時のマナーやポイントをご紹介

内定承諾書を送る際に添え状をつけるのが一般的です。入社する企業なら、恥ずかしい失敗は避けたいですよね。
今回は内定承諾書を書くときのポイントやマナーについてご紹介していきます。

内定承諾書とは

そもそも内定承諾書とは、企業に内定承諾の意思を伝え、入社することを契約する書類のことをいいます。会社によっては「入社承諾書」「内定契約書」などいう名称で呼ばれる場合もあります。
内定承諾書の提出によって、「内定承諾書を提出した会社で働く」「就職活動を終了し、他の会社からの採用通知があっても断る」といった意思表示を示しています。
内定承諾書を提出したと同時に、企業側は入社の準備は始めます。内定辞退が起きた場合に、費用や時間を無駄に費やすことになってしまいます。内定承諾書を提出した後に辞退をするということは、企業側にとても迷惑がかかってしまうという事を頭に置いておいてください。

添え状を書くときの注意点

内定承諾書に添え状がないという事は、社会人としてマナーが身についていないと判断されてしまいます。しっかりと内容を確認し、書類の一番上に付けることが大切です。
添え状には以下のような記載が必要になります。
・日付
・宛先名
・住所
・電話番号
・名前
・タイトル
・挨拶
・記
・送付書類の内容

封筒の準備をしよう

返信用封筒が同封されていない場合、内定承諾書を入れるための封筒を準備しなくてはいけません。封筒は送られてきたサイズに合わせるようにしましょう。
折り目のない状態で送られてきた場合は「角型2号」を、三つ折りで届いた場合は「長形3号」を選ぶようにしましょう。
また、封筒の色も「白」のものを選びましょう。茶封筒を使用して、それを理由に不採用にはなりませんが、茶封筒は一般郵便物などの重要性がそれほど高くない書類を送る場合に使われることが多いので、マナー上最適とは言えません。ですので、内定承諾書を送る場合は白色の封筒を使うことをおすすめします。

返信用封筒を使用する場合

内定承諾書とともに返信用封筒が同封されている場合もあります。同封されている返信用封筒のほとんどは、宛先や住所が印字されていることがほとんどです。
その場合に宛名の最後の「行」を「御中」あるいは「様」に書き換えることを忘れないようにしましょう。
企業名のみの場合は「御中」、個人名だけになっている場合は「様」と正しく書き換えましょう。

まとめ

今回は内定承諾書のマナーやポイントをご紹介しました。内定承諾書を書くときなどに参考にしてくださいね。

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!