面接が通らないのはこれが原因!?もう一度自己分析を見直してみよう!

就職活動が始まってうまくいっている人とそうでない人と、差が開き始めてきたのではないでしょうか?
中には、選考が終わり、内定をいただいた!という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな中、なかなかうまくいかないなぁ、と思っているあなた!
もう一度自己分析を見直してみませんか?
選考が通らない原因は、もしかしたら自己分析だったかもしれません。

今回はそんな自己分析についておさらいしながら、就活のポイントもご紹介していきたいと思います。

就職活動が難しいと思ってしまっている

就職活動を始めた当初は、こっちが売り手市場だから余裕だろう…と思って臨んだ方。
現実はそう甘くないですよね。
自分の能力をはるかに超える企業ばかりに目が行ってしまっていませんか?
大手企業志向の学生さんが陥りやすいのがこの部分です。
もちろん、自分が明確にやりたいことが決まっているのであればこればかりではありません。
なんとなく…で就職活動を行っているのであれば、もっと別の企業に目を向けてみましょう!
大手企業だけでなく、中小企業でもあなたのやりたいことが必ず見つかるはずです。
「俺はダメなんだ…。私は社会に向いていないのかな…」と悲観的になる前に、エントリーする会社を見直してみましょう。

自己分析が甘い

就職活動を始める前に行った「自己分析」が甘いのも原因かもしれません。
面接などで必ずと言っていいほど「自己紹介をしてください。
自己PRをしてください」といったことを聞かれます。
そもそも、自己分析は自分を知るためと、企業に自分のことを知ってもらう為に行うものです。
自分を知ることができていなければ、企業に自分のことをきちんと伝えることができませんよね。
自分のことをうまく伝えられないと企業からは「この子、自分のこともわかっていないのに仕事できるのかな?」と不安がられてしまいます。
企業から、「この子であれば大丈夫!」と思ってもらえるよう、最低でも自分の長所と短所ははっきりと答えられるように準備しておきましょう。

実は長所のほうが多い?

長所を教えてくださいって言われても…と、悩んでしまう学生さんが多いのも無理はありません。
なぜなら、人は短所よりも長所の方が多いのです。
短所は少ない分、目につきやすく、長所は多い分目につきません。
自分で考えて解決できない場合は、友人やゼミの先生、両親に聞いてみると良いでしょう。
自分では考えられない意外な部分がもしかしたら長所として見られていることもありますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
自分のことをわかっているつもりでも、意外と自分の長所を言える人は少ないです。
せっかくのご縁を無駄にしないよう、自分らしさを忘れずに企業にアピールしてみてくださいね。

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!