自己PRができたら友達に聞きたい3つの質問

self_appeal

こんにちは。
天職コンサルタントの梅田幸子です。

就活セミナーでは、しばしば「友達に自己PRを話してみて、印象を聞くと良い」というアドバイスがされます。
リアルの就活セミナー、面接対策セミナーでは、ペアで面接演習がおこなわれますし、ZOOMセミナーでは、ブレイクアウトルームでの練習、そして感想を伝えるというのが定番です。

しかし、面接官の視点どころか、仕事の経験がない学生同士の評価は、ピントはずれなものが多いのが現実なのです。

しかし、友達に聞く質問の仕方を工夫したら、劇的に効果的なフィードバックがもらえます。
3回にわけて、それをご紹介していきます。

この自己PRを聞いて(読んで)、どんな人だと感じましたか?という質問

友達に聞きたい3つの質問

Q1:この自己PRを聞いて(読んで)どんな人だと感じた?と聞く意味

優秀な面接官も、「自社で活躍する人材か」という視点で見ています。

活躍する人材かどうかを判断するのは、仕事の経験、活躍する人・しない人のデータがないと難しいです。そこを見分けられる学生がどれだけいるでしょうか。
学生同士のフィードバックを見ていると、「そこは面接官は気にしないんだけどなー」「大事なところを見落としてるなー」ということが多々あります。

かつ、「自社で」というのが面接の大きなポイント。
ある企業では「おとなしすぎて暗くてダメ」と評価される人が、別の会社では「もくもくと着実に仕事をこなしてくれるだろう。おべんちゃらも言わないので、出てくる言葉が信頼できる」と評価されたりするのです。
この「自社で」という指標がない中で、評価できません。

しかし、友達に聞いてみたい質問「どんな人だと感じたか」は、聞いた(読んだ)本人が受けた印象、感想で、自己PR の見直しをするのに参考になる意見です。

どのように活用するか。
何人かに聞いて、自己PR を通して与えたい印象と、返ってくる感想が違っていたら修正しましょう。
一致していたら、ひとまずOKという判断になります。

Q2:印象的だった言葉を教えて

何気なく書いた言葉、話している言葉に、自分らしさが出ていたり、強い言葉だったりするものがあります。
無意識なので、自分では気づきにくいのですが、人はそこに心をつかまれていることもあります。
気持ちが乗っていると、印象的に感じさせることもあります。
そういう言葉は、バージョンアップで書き換えるときにも「残す言葉」の候補となります。

ただし、自己PR の完成まででは、書いていて違和感があるケースもありますね。
違和感のある言葉が、印象的だと言われたら、「自分らしさ」「嘘とまでは言わないけれど、違和感のある表現」を評価されてESや面接が進むことになります。
こちらは、変更の候補となります。

Q3:普段のわたしとのズレはあったかな? もしあったら、聞かせてほしい

友達だからこそ、お願いできる質問がQ3です。

普段から接していて、いいところもイマイチなところも知っているからこそ、自己PRとのずれを指摘してもらうことができます。

お友達が「こういう人」「こういう印象」「ここがあなたの長所」と言う内容を自己PRにする必要はありません。
友達づきあいの中での、その人が感じる魅力と、仕事でつかう魅力や特性は異なるからです。

しかし、普段の人となりと、自己PRの人となりがズレていると、「違う自分」が表現されている可能性が高いです。

お友達の感じる「ズレ」をバロメーターにしてみてください。
自分らしい自己PRができます。

優秀な面接官は、微細な印象のズレを感じると、そのズレを埋めようと質問を重ねます。そこに時間をつかうよりも、建設的な質問に時間をつかってもらえるように、自己PRを仕上げていただきたいな、と思います。
面接が、見違えるように、楽になります。

また、優秀ではない面接官は、違和感を感じると、不安で落とします。
違和感を感じることができない面接官は、ズレた印象のまま採用します。ここでミスマッチが起こるのです。

ぜひ、たくさんの人からフィードバックをもらってください。
書き直したら、再び、同じ質問をしてみましょう。

頼まれたお友達、先輩・後輩、お知り合いの方々、ぜひ協力してあげてください。

———————————————————————
■梅田 幸子(うめだ さちこ)
天職コンサルタント/有限会社グローカル取締役
 
“就職後の幸せ”を基準に天職を見つけるための就職支援は、4,000名以上の面接、数万枚のESを評価してきた面接官の視点からのアドバイスに定評がある。採用面接官向けに面接を教える講師でもある。著書『あなたが「一番輝く」仕事がわかる最強の自己分析』他5冊。
 
====================================

self_appeal

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!