実はこんなに簡単だった!? 自己分析を就活に活かすポイント

就職活動を始めるとき、「自己分析」は必ずやっておくように言われると思います。
でも、「自己分析って結局何?活用方法が分からない…」という方もいらっしゃいますよね?
難しく考える必要はありません!
今回は自己分析を就活に活かすポイントをご紹介していきます。

「自己分析」ってどうして必要?

 就活で必要とされる自己分析は、「仕事を選ぶ軸を明確にすること」「自分自身を知ること」の2つの目的があります。
どちらも就活には大変重要になってくる部分ですので、必要と言われる理由には納得ですね。
しかし、自分のタイプを知ってもいまいち就活に活かすコツが見つからないと感じている方も少なくはないと思います。
就活生だけでなく、これから就活がある方にも自己分析を上手に活用する方法をお教えいたします。

自分の価値観を明確にする

自己分析では、今までの人生のなかでどのような選択をしてきたかを振り返るかと思います。
たくさん悩んだことや何となく選んだことなど様々あると思いますが、その選択をした理由に着目して考えてみましょう。
そうすると、今まで何を大切にしてきたのかが見えてくると思います。

価値観が同じ企業を見つけられる

自分の価値観を明確にすると、自分に向いている企業が選びやすくなります。
また、会社側も「価値観を共有できる人材」を必要としています。
価値観にズレがあるとトラブルの原因にもなり、円滑なコミュニケ―ションも取りづらくなります。
これでは仕事の効率が悪いですよね…。
つまり、自分の価値観に合った会社は自分を必要としてくれる会社でもあるというわけです!

自分を知ってもらうために

就活では、自分自身を紹介する機会が非常に多くあります。
自分がどんな人間なのか、どんな考え方をするのかなどを企業側に知ってもらう必要があるからです。
もし、価値観が同じだと感じても企業側がそれを見つけてくれなければ採用してもらえる確率が下がってしまいます。
自分の長所が言えないという方が多いのも事実。
これでは企業にアピールできませんよね。
客観的に分析することで自身を知り、理解しておくことで自分のアピールポイントを見つけることができます。
大きな体験よりも「日常」の自分について把握しておくことが重要ですよ。

自分らしさを大切に

就職すると日中のほとんどをその会社で過ごすことになります。
そのため、気を張ってしまうような企業では窮屈に感じてしまう可能性も…。
価値観が共有できると思える企業ならば、自分らしく働けて能力を存分に生かすことができますね。
そのためにも、自己分析を大いに活かし自分にとってプラスになる選択をしましょう!

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!