就職活動を開始するのはいつから?

大学生になると、意識せざるを得ないのが「就職活動」ですよね。就活は、大学生活も折り返しとなる大学3年生から始まると言われています。

しかし、「就職活動は、いつから始まるの?」という疑問を持っている大学生も多いのではないでしょうか。その疑問を解決するため、企業の選考開始時期、就活生のスケジュールの一例を紹介していきます。

決められている就職活動の時期!

就活が解禁されました、というニュースが、毎年取り上げられていますよね。
2015卒以前は12月1日、2016卒は6月1日、2017卒以降は3月1日という解禁日程でした。

経団連による2020卒の就活スケジュールは?

・大学3年の3月に就活解禁、大学4年の6月に選考解禁
・大学院1年の3月に就活解禁、大学院2年の6月に選考解禁
という就職活動のスケジュールが、日本経済団体連合会(経団連)によって作られています。

しかし、これには強制力がないため、一部の企業はこのスケジュールに縛られずに選考を行っています。また、この制約は経団連所属の企業が受けるものであり、多くの日本の企業がこの制約の適用外となっています。

企業の選考開始時期は?

経団連に加盟している大手企業

経団連の「採用選考指針」に従うため、原則として大学四年の6月1日に選考開始。
しかし、ESの提出やWebテストには日程の制約がないため、早期から行っている企業もあります。

経団連に加盟していない上場企業等

経団連のルールに縛られないため、早ければ2月ごろから選考活動が始まり、3月ごろから内定を出す企業が多く存在します。

外資系企業

外資系の企業では、大学3年の秋ごろから選考活動を行い、早いところでは年内に内定を出すところもあります。

中小企業

選考の時期は企業によって違います。大手企業の選考が終わった頃に選考を行う企業や、年中採用活動を行っている場合もあります。

就活を始める学生の動きは?

あくまで一例となりますが、就活スケジュールのイメージを紹介します。

3年6月 就活サイトがオープン、サマーインターンエントリー開始。
3年夏休み サマーインターン参加、秋冬インターンのエントリー開始。
3年秋・冬 外資系志望であれば選考開始、秋冬インターン参加。
3年3月 就活解禁!説明会の参加やESの提出、選考を行っている企業の面接を受ける。
4年6月 選考活動が解禁、大手企業での面接が始まる。

まとめ

就活は大学4年生からだと手遅れになることが多いです。
理由としては、選考対策や志望企業の絞り込みをする時間がとりにくくなったり、早期に内定、内々定を出す企業が増えていたりするためです。

そのため、志望企業に内定するためには、大学3年の早期から開始することをおすすめします。
どこの企業の選考を受けるにしても、インターンなど、早めに就活を始める方が有利です。
自分が本当に行きたい企業に内定を出してもらうために、早めに就活を開始しましょう!

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!