夏の就活スタイル

真夏のスーツは暑さとの戦いですよね。説明会や面接会場に行って、「暑い人はどうぞ上着脱いで構いませんよ」といわれる場合もありますが、それ以外の場では上着も着用がマナーになってしまいます。そんな夏の就活スタイルの対策をご紹介します。

夏用のスーツ

スーツにも夏用の製品があります。通年着用できるタイプのものよりも生地が薄手です。リクルートスーツは黒か紺の無地が基本なので、それに合わせて夏用のスーツを用意すればリクルートスーツとして着用していけます。
しかしスーツは高いので、お金に余裕がある場合に限ります。

外でのスタイル

会社内は冷房が効いているはずなので、建物に入ってしまえば暑さの心配はする必要がなくなります。ですので、問題は会社や会場に行くまでの移動ですが、これはすぐに実行できる方法があります。外では上着やネクタイを身につけないことです。就活のマナーは会社や会場に入ってからの話です。移動中は上着とネクタイは手に持っておきましょう。目的地が近くなったら、コンビニや駅で身だしなみを整えていきましょう。

涼しいシャツや肌着の着用

いくら暑くても、半袖シャツを着用していくのはマナーとしてNGです。そこで、夏になると冷却効果のあるシャツや肌着がお店に並びます。これを活用しましょう。薄手の素材のものや、冷却効果のある素材は普通のものよりも快適に過ごすことができます。
さらに、肌触りの良いものや、速乾性の商品もおすすめです。かいた汗を吸収し、不快感をなくしてくれます。

時間に余裕を持つ

説明会や面接がある日は、時間に余裕をもって家を出ましょう。ぴったりの時間で考えていると何か思わぬことが起きた際に対処しきれませんし、気持ちも高ぶって一層汗をかいてしまいます。早く着いたら近くのお店に入って涼むと、汗の対策もできますよね。時間の余裕は心の余裕にも繋がるので、落ち着いて面接等に臨めます。

カバンに入れておきたいもの

どれだけ暑さ対策をしても、やはり汗はかいてしまうものです。ハンカチの他に制汗剤や汗を拭くことのできるボディーシートも持ち歩くと便利です。無香料や匂い付きの製品があるので、爽やかな香りを選んでリフレッシュすることもできますよ。

まとめ

いかがでしたか?少しでも皆さんの暑さが和らげばと思います。これからの時期の就活は、体調にも気を付けながら臨んでください。暑さ対策を十分にしておけば、気持ちが軽くなると思います。汗をかいても身だしなみをきちんと整えて、面接官や企業の人に良い印象を与えてくださいね。

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!