大学生3年生の夏休みの過ごし方とやるべきことは?

大学生の夏休みは免許合宿に行ったり、短期アルバイトで稼いだり、勉強したりなど、色んなことに挑戦できる期間です。夏休みになにをしようか迷っている大学生が多いと思います。就活で差をつける夏休みの過ごし方を紹介したいと思います。

大学の夏休みの過ごし方

アルバイトをする

夏休み期間中は、授業が無くて時間も沢山あるので、アルバイトに時間を割けます。学生の中にはフリーター並みに稼ぐ学生もいます。また、リゾートバイトのような泊まり込みのアルバイトをして短期間に稼ぐ人もいます。せっかくの夏休みですし、長期間の休みは社会人になったらできません。アルバイトだけにつぎ込むのはもったいないかもしれません。普段できないような体験のために貯金をするなど、目的をもって働くことをおすすめします。

インターンシップに参加

大学生が社会経験を積むのに適しているのが、実際に企業で仕事を体験できるのがインターンシップです。夏休みを利用して参加できるサマーインターンシップの募集をしている企業もたくさんあります。
社会経験を積めるだけではなく、人脈が広がり、就職活動の準備にもなるので、他の学生さんと差別化もはかることができますね。

旅行

社会人になるとなかなかまとまった休みは取れないですし、年末年始やお盆は繁忙期なので、飛行機や宿が高かったり、予約が取れなかったりすることがあります。国内旅行であればJRの割引や青春18切符を使うとお得に旅行ができます。
海外旅行だとお金はかかりますが、アルバイトを頑張ったり、親からお金を借りたりと行きたいところに行くという経験を面接や就活にも活かすことができますね。
旅行先は国内が多く人気ですが、海外に行く学生さんも多いです。国内ならば北海道や沖縄、京都などが定番です。海外であれば、韓国や台湾、グアムが人気になっています。

夏らしいイベントに参加

普段は授業やサークルが忙しく、遊べないという大学生が多いのではないでしょうか。夏は花火大会やフェス、お祭りなどイベントごとがたくさんあります。アルバイトや勉強も大切ですが、せっかくの夏休みなので、友達とこれ以上ないくらい遊んだり、ドライブをしたりして楽しい思い出をたくさん作るのもよいのではないでしょうか。

まとめ

長期休暇は学生の特権です。普段できないような体験・経験を多くしておくことがよいと思います。その経験を積んだことで、就活に役立つこともたくさんあり、面接やESなどにも活かせるはずです。
みなさんはどんな夏休みを過ごしていますか?

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!