ネクタイで相手に与える印象をプラスへと!

就活というと自己PRや志望理由ばかりを気にする学生さんがいますが、身だしなみは大丈夫ですか?就活では男性はスーツ以外にも、そのスーツに合ったネクタイをどう選ぶのかが重要になってきます。
今回は就活の際のネクタイの選び方について紹介していきます。

就活でOKなネクタイの色

就活にふさわしいネクタイの色は、
・青色
・紺色
・水色
・赤色
・グレー
・黄色
・緑色
などが挙げられます。
ネクタイの色だけで合否は決まるわけではないものの、就活の際はその場に適した色のネクタイをしていくようにしましょう。

ネクタイの色が与える演出とは

就活用のネクタイとして無難なものを選びがちですが、演出したい印象に合わせて上手にネクタイの色や模様を組み合わせると、良い印象を与えることができるかもしれません。

〇青×レジメンタル(ストライプ柄)
青は知的さや勤勉さを示す色として好まれています。青色のネクタイに対して白のレジメンタルはスマートさを強調することができます。
ただし、レジメンタルの色で暖色系の色は避けましょう。

〇青×チェック
チェック模様は元気さをイメージさせます。また、青色と組み合わせることでフレッシュな印象を与えることができます。

〇水色×チェック
春には淡いピンク色のネクタイを、夏には水色のネクタイといった季節感のある色を取り入れると爽やかな印象がアップします。
ただしピンク色を全面に出しすぎると就活向きとは言えないので、差し色程度で取り入れるといいでしょう。

〇グレー×小紋
グレーは警戒心を和らげ、穏やかな印象を与えてくれる色です。同じく穏やかな印象を与える小紋柄との組み合わせがベストです。しかし保守的な企業の面接時には印象に残りづらい色ともいえるので企業カラーをしっかりと調べておきましょう。

〇黄色×チェック
黄色は人を明るくして親近感を与えるため「コミュニケーションカラー」と呼ばれています。黄色×チェックは明るさで勝負したいときにおすすめです。

〇エンジ×レジメンタル
赤はやる気を起こさせる色なので、情熱的に見せることができます。ただし、就活用のネクタイでは赤色は派手なため、エンジ色がおすすめですよ。

NGなネクタイとは一体

黒や白のネクタイは避けたほうがいいと言えるでしょう。黒と白はあくまでも冠婚葬祭用のカラーです。
また、派手な柄のネクタイもあまりおすすめしません。派手な柄ではなく、落ち着いた柄物を選ぶようにしましょう。

まとめ

就活の際のネクタイの色はあまり派手なものは選ばず、落ち着いた柄を選ぶようにしましょう。それぞれの色や柄によって与える印象は変わってきます。
ぜひ、自分に合ったネクタイの色や柄を見つけて就活に臨んでみましょう!

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!