あなたはどのタイプ?タイプ別の強み、弱みについて

みなさんの個性は何ですか?いくつかのタイプに分かれており、そのタイプによって強み・弱みが変わってくるんです。自分のことは中々気づかないものなので他人から見た印象を知っておきましょう。

体育会系

体育会系の人は体を動かす部活動をしています。就活においてはとても優位だと言われています。それは日常的に厳しい練習や上下関係の中で生活をしているため、組織に適応するための基礎が身についていることです。体力が仕事で役に立つこともありますが、上司に否定されたときの精神的な強さや、礼儀はとても役に立ちます。自分に自信を持っていることも大事です。また、大学のOBが就職した企業が大学に出向きリクルーディングを行っていることもあります。
しかし自分が所属している組織以外に対して視野が狭く、部の先輩や同じ部活の仲間がどうしているかに自分自身が大きく影響してしまいます。なので多方面から色々な情報を集めてみましょう。

勉強一筋

講義をしっかり聞いたり本を読んで勉強したり、学習サークルや勉強会で活動してきた人のことを言います。就活では頭を使ってじっくり考えて意見を言う、試行錯誤をして経験値を溜めていくので、知識や学習に対する熱意は就職活動ではプラスに働きます。また自分のやりたいことがしっかり決まっているので、志望動機や将来の夢なども筋が通っています。
しかし、いざ就活となると自分はアピールできる活動や経験がないということに悩んでしまう人が多いようです。そんな人は自分が学んできたことや興味があって調べてきたことで企業側が興味を持ち、内定をもらったという話もあります。自分に自信を持ってみましょう。

面白い活動

個人的に夜のバイトをしたり、美術のクリエイティブ系にはまったり長期の旅行に出たりと、就活なんて別に考えていない、他人が何を言おうと…という領域に達している人です。この人たちが持つ強みは自分のしたいことがはっきりしていて就活でも周りに流されないということです。ほとんどの同級生は就活に対して悩みますが、自己分析の必要がなく自分が行きたい企業を見つけます。
しかし、この人たちは一次面接で落ちるか内定をもらえるかのどちらかです。企業側から見て合う・合わないがはっきりしてしまいます。また個人プレーが多いため他の人とうまくできるのかなどの不安も生まれてきます。

まとめ

自分はどんなタイプでしたか?人によって頑張ってきたことや学んだことは違いますよね。その自分の強みを就活で生かしましょう。

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!