利用者の声

友人がたまたま落とした
説明会の資料がきっかけでした

増田 直人
城西大学

就職活動開始時期
2月
就職先決定時期
5月
報酬の有無
無し
費用合計
4~5万
エントリー
11社
ES提出
8社
ES通過
7社
内々定
2社
内定先
株式会社武蔵野
どのような業界を受けていましたか?
特にこの仕事がやりたい!というのはなかったので業界はほとんど絞っていませんでした。
アパレル、IT、物流、不動産、食品など様々な業界の会社の説明会に参加していく中で、
ここはいいな、ここは少し自分とは合わないなと思うところが出てきて説明会や選考を重ねて行き、
一緒に働く人や社風の良いところで働きたいと思うようになりそれが就活の軸になりました。
面接でよく聞かれた質問は?
大学で学んだこと、志望動機、自己PR、就活状況など
就活に役立った資格・経験
資格などは特に持っていなかったので勝負出来る能力は特になかったです。
アルバイトや部活の経験は面接で話のネタになりました。
大学で勉強を頑張ってきたとは自信を持って言えないのでアルバイトや部活で得た経験がとても多いので成功や失敗、嬉しかったことや辛かったことなどを経験していたのは強みになりました。
内定をもらった時はどんな気持ちでしたか?
最終面接が終わり内定を頂くことができて、直後は頭が真っ白でよく覚えていませんが時間が立ち嬉しさがこみ上げて来ました。
帰りに嬉しくて家族や友人に電話したことを覚えています。
入社の決め手は?
説明会の時から会社のことを沢山説明してくれたり、社員同士の仲の良さ、人の良さが1番感じることができたからです。
また選考をしていく中で1番自分のことを考えてくれていると感じました。
いつも通りの自分を認めてくれる会社だと思います。
就活で一番大変だったことは?
予想以上にお金がかかったことです。
ほぼ毎日説明会や選考、面接などがあり、空いている日、空いていない日の把握も大変でしたし、交通費がとてもかかりました。
また出先でご飯を食べたり、カフェで時間を潰したりと食費もかかりました。
出ていくお金は多いのに就活でアルバイトに出られずお金も稼げなかったので大変でした。
今だから話せる大失敗を教えてください。
大学生活は時間はあるのにただただ毎日過ごして来てしまったこと。
就活をして、残りの自分の大学生活の時間が少ないことを実感してから自分の好きなこと、やりたかったことなどをもっと探せたんじゃないか、やれたんじゃないかと思っています。
今後の目標・夢はありますか?
まずは社会人としての礼儀やマナーをしっかりと覚えて人として魅力のある人間になりたいです。
またプライベートや仕事を充実させ、家族や支えてくれた方々に恩返しをしたいと思います。
後輩へ一言アドバイスを。
就職活動に対し考えが漠然としていて何をすればいいのかわからない、自分がやりたいことは何なのか見つからないと思っている人は多いと思います。自分もそうでした。
自分が株式会社武蔵野を知ったきっかけは友人がたまたま落としたクリアファイルの中に入っていたこの会社の説明会の資料でした。
そこから面白いかも?と思って説明会に参加しました。
企業との出会いはどこにあるか分かりません。
とりあえず行動をし、その中で自分にあった企業との出会いを大切にし頑張ってください。