インターン体験談

とりあえずは
参加してみること

N.H
K大学
2020年卒業見込み

N.H
インターン活動開始時期
2019年6月
インターン先決定時期
2019年7月
インターン参加時期
2019年7月
費用合計
1万
エントリー
7社
インターン数
6社
インターン先
株式会社武蔵野、株式会社トータス、NTT東日本、(株)クリエイティブジャパン、住友電装株式会社、クロスヘッド(株)
インターンの内容
グループワーク、自己分析、他己分析、プレゼンテーション、プログラミング体験
インターンに参加しての感想
グループワークがどの企業のインターンにも必ずあったため、自分から話かけることによる会話力がついたと思います。
また自己分析など、どの企業に行っても必要なことをやってくれていたのでとてもありがたいなと思いました。
インターンに参加してよかったと思うこと
就活仲間がインターンに参加することによってたくさん増えたことです。
空いてる日などに食事に行ったり、遊びに行ってお互いの就活状況を知り、あの企業のインターンいいよとか良くなかったとかが知ることができるので自分の考えがより深まります。
インターンをして、就職活動に役立つと感じたこと
自己分析や他己分析を色々な人とすることで、より深く自分を知るきっかけになったこと。

グループワークは積極的に自分から行動を起こすことで
積極性が身につけられること。

会社の状況や社内の雰囲気が分かること。
インターンを考えている学生へ一言
とりあえず業界が決まっている、決まっていない人もインターンには参加するべきだと思います。
自分も行きたい業界が決まっていなかったので、とりあえず色々な業界のインターンに参加しましたが受けて悪いなんてことはありませんでした。
なので、とりあえずは参加してみること、この考え方が大事なんだと思います。